• トップページ
  • お役立ち情報
  • 水素水総合比較ランキング
  • 高濃度水素水ランキング
  • 効能を詳しくご紹介
  • 各商品口コミまとめ

トップページ>水素水のお役立ち情報>活性水素水と還元水素水の違い

活性水素水とは、水に対して金属を用いたり、マイナスの電圧をかけることで、活性水素を溶かしたものを指します。医学的に発表されているものではなく、あくまで造語です。 水素水とは別のくくりとなり少し異なります。 活性水素は悪玉の活性酸素と結合し、ただの水となり体外へ排出されます。体内でそういった働きをしてくれるため、注目の存在となっています。 医学的な根拠や認可がおりておらず、比較的新しい発表のため受け入れられていないことが現状ですが、今後、目覚ましい進化や発表がされるのではないかと期待されています。

簡単に言うと、還元水素水は、飲料水を電気分解したアルカリ性の水素水のことです。 実は、還元水素水を作れる生成期も販売されており、自宅で作ることも可能です。還元水素水を作れるものとしてサーバーやスティックタイプが存在します。厚生労働省は、抗酸化作用による胃腸の症状改善に効果があると認めており、数多くの人が還元水素水を利用しています。 効果は水素水とほぼ変わりはありません。水素水にも商品によっていろんな名前が付けられていますが、正直なところ水素水には種類がなく、同じ効果が期待できるといってよいでしょう。

活性水素水と、還元水素水とよくわけられて呼ばれていますが、基本的に変わりがありません。 体内で活性水素となって、活性酸素と戦うというメリットには変わりはないですし、副作用もないものですから、双方どちらも人気があります。 活性水素水だからといって、還元水素水の働きが出来ないかと言えばそうではないです。成分が多少違うだけでなんら変わりはないのですが、あえて説明すると、還元水素水はカルシウムイオンやナトリウムイオンが同時に含まれています。それだけで、なんら効果は変わりはありませんので、安心して飲用してください。