• トップページ
  • お役立ち情報
  • 水素水総合比較ランキング
  • 高濃度水素水ランキング
  • 効能を詳しくご紹介
  • 各商品口コミまとめ

トップページ>水素水のお役立ち情報>水素水保存容器の特徴

水素水を職場や、運動した後、旅行先…様々な場所に持ち歩きたいと思っている方もいることでしょう。 水素水ボトルなどで、その場で水素水を作れるアイテムはありますが、少し場所をとるのが難点。例え家で作ったとしても水素がすぐに抜けてなくなってしまいます。 そんな時はやはり、市販されている水素水がオススメです。手の平サイズで小さく、バッグの中や、なんだったらポケットに入れることだってできます。どうせならお手軽に飲みたいですよね。飲みきった後は、ゴミ箱にポイすれば持ち帰る必要もありません。持ち歩くのなら市販の水素水がオススメです!

水素水は非常にデリケートなものです。正直、すぐに抜けてしまいます。市販されている水素水はその点、容器にこだわっているメーカーがたくさんあります。 おすすめなのはアルミパウチ容器を使っているメーカー。気密性が高く、水素水をできるだけ逃さないようにしています。濃度は時が経てば抜けていくものなので仕方ありませんが、それもアルミパウチならおさえることができます。 時間が経過しても、濃度が高いまま飲めるならそっちの方がいいですよね!賞味期限までしっかりキープしてくれるアルミパウチを使った水素水は非常にオススメです!

どうせならば、ながく水素水を保存したい。1人で飲用しているから、保存する期間がどうしても長くなる…と考えている方も多いことでしょう。 こちらでは、水素水を保存するポイントをご紹介します。まず開封前はできるだけ、直射日光の当たらない場所に保存し、賞味期限を過ぎる前に飲んでしまいましょう。 開封後だったり、どこかのサーバーから水素水を持ち帰ったりをすることもあるでしょう。しかし、やっぱり水素水は空気には弱いので、アルミパウチで飲んでいるのなら、空気を抜いて保管(その日のうちに飲んじゃう)、持ち帰った場合でもすぐに飲みきってしまうのがベストです。