• トップページ
  • お役立ち情報
  • 水素水総合比較ランキング
  • 高濃度水素水ランキング
  • 効能を詳しくご紹介
  • 各商品口コミまとめ

トップページ>水素水お役立ち情報>水素水は詐欺なのか?

水素水はお薬ではなく食品添加物です。人の健康を害するおそれがないか厳しくチェックされるため、なかなか認可がおりづらいとされています。 やはり水素水が人気になりだしてから、まだ日が浅いためか、まだまだ認知度も低く「本当に効くの?」と思われている方も多いと思います。 確かに、あきらかに濃度が高く宣伝されていたり、風味が入っていたり、水素なんてもともと入っていない商品が売られていたりと、悪質な業者がいるのも事実です。そういったマイナスイメージがあるため、効かないんじゃないかという噂もたってしまうのです。 医学的、統計学的にも水素水は効果があるとデータにでていますので、下記でご紹介していきます。

水素水は科学的に効果があると発表されています。 まずは、活性酸素の除去についてです。大学教授が、水素分子が悪玉の活性酸素(身体に害を及ぼす細胞)を消し去ってくれる働きを持つと発表しました。水素は、どんなものでも結合しやすい性質をもっており、それが活性水素となり、身体を健康にしてくれるのです。 悪玉の活性酸素は、タバコや、お酒の過剰摂取、ストレスなどから生まれるのですが、その細胞が水素と結合し、消し去ってくれるの働きをもつことになります。 ただし、これを飲むだけで病気が治るということはありません。あくまで健康な身体づくりのパートナーとして役立てられるということです。

九州大学とパナソニックの研究グループが、発表されたものによると、パーキンソン病の予防・改善に効果があることがわかりました。 1週間ほど水素水を飲ませたマウスに神経細胞を脱落させる薬を投与した結果、マウスの神経細胞は減少され、活性酸素の損傷を抑制する効果も認められたとのことです。統計学をもって証明したわけですね。 もちろん、医学的な根拠があるわけではありませんが、統計学として、体調が良くなったり、痩せたという人も存在します。 自分が水素水と、どう向き合っていくのかは大事なことだと思います。効果を体感したいのならまずは定期的に飲用していくことをおすすめします!