• トップページ
  • お役立ち情報
  • 水素水総合比較ランキング
  • 高濃度水素水ランキング
  • 効能を詳しくご紹介
  • 各商品口コミまとめ

トップページ>水素水のお役立ち情報>アルミパウチの水素水が選ばれる理由

さんざんお伝えしていますが、水素水は空気に触れるとほぼ効力がなくなってしまいます。なんだったら水素はもうないと思っても良いでしょう。コップで飲み干すならまだしも、ペットボトルにいれて保管したり、キャップ空けたまま放置するなんてもってのほかです。 その点、アルミパウチは気密性が高く、何種も構造することで、空気を入りにくくする特徴を持っています。また、万が一、水素水を余してしまっても、空気さえ抜いて保管すれば鮮度は保たれます。こういったことからアルミパウチの容器で保管されている水素水はおすすめできるのです。

水素水を保管する容器は探せば確かに色んなものがありますが、アルミパウチが一番良いとされています。ペットボトルやボトル缶だと製造過程ですでに空気が入ってしまい、届くことには水素が抜けきった状態で手元に届くことがあります。 逆にアルミパウチだと、空気が入ることがまずないですし、安全かつ安心して水素水を飲用することが出来ます。 水素は本当にデリケートなものなので、どれだけ空気にふれずに口元に運ぶのかが勝負になります。どうせならば新鮮な水素を直で飲用したいですよね。そのためにはアルミパウチじゃないといけないのです!

アルミパウチを採用している水素水でおすすめの商品をいくつかご紹介します。

浸みわたる水素水…こちらはなんと4層構造のアルミパウチを採用しています。それにより、水素濃度を落とすことなく賞味期限ギリギリまで飲むことが出来ます。時間が経っても水素が残ってくれているのはありがたいですね!

仙寿の水…こちらも4層構造のアルミパウチを採用しています。これでバッチリ水素を逃がしません!

キヨラビ…容量を選ぶことが出来ます。多すぎると、どうしても余してしまうことがあるのですが、これだと保管もできますし大丈夫ですね。

他にもたくさんの水素水がアルミパウチで保管されています。水素水にとってアルミパウチはスタンダードな容器といえます